シェフの築地日記 & 相方の修行日記

念願の

2014年5月27日 | 相方の修行日記

シロップや梅酒にすると鮮やかなピンク色のエキスができあがるという紀南の小梅、パープルクィーンを今年は入荷することができました!
小指の先くらい、ほんとに小さくてかわいらしい姿にびっくり。
(お値段はあまりかわいくないけど…(^_^;))

今年は、青梅とこのパープルクィーンの二種類で梅仕事の予定です。
去年の梅酒はまだ熟成中。
好評だった梅シロップをメインに漬け込む予定です。

うまくできるといあなぁ~☆

image

通勤途中にある、中学、高校。 ピカピカ真新しい制服を着た新入生たちが歩いてきます。 多感で傷つきやすくて自意識過剰な、全力妄想少女時代を思い出し、にやにやきゅんきゅんしてしまう、今日この頃。 皆さま、いかがお過ごしですか? 新入生といえば、店横の小さな花壇にもチラホラ。 足元のクローバーに混ざって、植えた覚えのない、スミレのような、紫色の小花が顔をのぞかせています。 風や鳥や虫たちの「落としもの」から芽を出したのな?? 冬の間は枯れ木だった山椒にも小さな芽が出て、ジャスミンのツルもぐんぐん伸びて…。温かい春の日差しを受けて、まるで目が覚めたように。 緑が色濃く、力強く成長している様子がわかります。 さて、来年はどんな新入生が舞い降りてくるでしょうか? そんな春の日。 歩歩路も、明日から新メニューに替わります。

image

落としものは贈りもの♪

ああ、なんて久々のパトロール更新。一年かけてやっとこさ、の3回目であります(^o^;)。

今日は「大阪寿司 八竹」さんのバラ寿司をご紹介。
こちら、原宿から築地にお引っ越ししていたんですね。
原宿にあるときは、青山近辺で食器や雑貨のリース回りをしている途中に立ち寄り、ちょこちょこお買いものしてました。

茶巾や巻きものもおいしいのですが、私はいつもこれ。
蓋を開けると色とりどりの春めいた気分にテンションが上がる、バラ寿司です。
以前は、柚子の香りがふわ~っと漂っていたのですが、季節外れのせいか?それはなし。でも、細かく切ったフキや手作りのでんぶ、ほどよい塩梅にしめられたエビ…。
見た目の華やかさと食材の歯応えがきちんと計算された丁寧なお仕事は相変わらず。なんとも贅沢な気分に浸れます。

去年の話。
仕込み中のお昼に、お店の前の道路でつまずき、倒れてしまったおばあちゃんがいました。あわてて介抱して、店内でお茶を飲みながらしばらく休んでもらったのですが、そのおばあちゃんが大変に感激してくださって、お礼にといって、八竹のお寿司を譲ってくださったのです。
そこで初めて、八竹さんが築地に移転したことを知ったという、そんなエピソードがあります。

おばあちゃん、元気かな?
元気にお寿司をほおばってくれているといいな。

バラ寿司をいただきながら思い出す、新しい景色です。
mgmg。

image

一周年

2014年3月30日 | 相方の修行日記

すっかりご報告が遅くなりましが、先日の27日に、無事一周年を迎えることができました。

去年のこの日。
開店当日にまさかの工事不良で停電!となり、仕込みもできず、よもや営業中止か?!という絶体絶命の危機に青ざめながらの出発でした(その後スタート時間をずらしていただき、なんとか開店できましたが…)

そして一年後。
テーブル席は貸しきりのお客さまでうまり、カウンター席も開店当初から応援してくださっている常連さん、新規のお客さま…と賑やかな顔ぶれに。
お陰さまで無事、満席で一周年を迎えることができました。

本当にありがたいことです。
また、たくさん方からお祝いの品やメッセージもいただきした。
この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

記念のお茶をお配りした以外は、特別にイベントをしたわけでもなく、いつもと変わらず相変わらず、バタバタと忙しい一日。
感傷に浸っている間もなく 迎えてしまった一周年ですが、でもこうして、いつもと同じ、変わらない一日として迎えられたことに、心からの感謝と、うれしさを感じています。

一年前よりは泣き言をいわなくなったと思うのですが、おっちょこちょいなとこや、余裕がなくなるとすぐに顔に出るところ…。
個人的な課題はまだまだ山積みの私ですが( ̄▽ ̄;)、歩歩路が長く愛される店として一人前になる日まで、がんばります。

場所は、そこに集う人間が形作るもの。スタッフはもちろんですが、通ってくださるお客さまのさまざまな顔があって、初めて店は成り立ちます。
今日は店にどんな色がつくかな?どんな音が鳴るのかな?と、予約表を見ながらワクワクと想像をめぐらせる、新鮮な気持ちを忘れずに。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
優しいシェフと頼もしいKちゃん、支えてくださっているたくさんの業者さん&仕事仲間にも改めて。
そしてなにより、足を運んでくださるお客さまに。

感謝を込めて。

image

舟はいく。

メニュー替えの度にドキドキするものですが、それを楽しみに月に一度通ってくださる常連さんもいます。
毎回試行錯誤で大変な面もありますが、「今回も美味しかったよ」と言っていただけると、その瞬間、肩の力がフッと抜けて。
お客さまに喜んでいただけて初めて、新メニューが完成するような気分になるから不思議です。

さて、そんな新メニューのラインナップは…

・築地の一皿 (殻つき帆立貝柱の香り蒸し)
・前菜の盛り合わせ
・新玉葱と自家製干し肉の澄ましスープ
・小エビと季節野菜の炒めもの
・ラム肉のいり焼き、とろとろ卵とクミン風味のソースに春野菜を添えて
・春キャベツと桜エビのつゆソバ
・デザート&中国茶

以上は5000円のコースです。
7500円のコースはこれに鮑のしょうゆ煮込みが、10000円のコースはフカヒレの姿煮がつきます(要予約)。

メインは、去年出して好評だったラム肉の、少しアレンジ版?かな。
中華でラム肉?と思われがちですが、中国は羊肉がとても多く食されている国でもあります。
街中には、クミンなどのスパイスをつけて焼かれた、カオヤンロウ(羊肉の串焼)の屋台があちこちにあるし、北方では羊のしゃぶしゃぶ店も多く見かけます。

マトンと違い、臭みやクセの少ないラム肉は、女性のお客さまにも人気。低コレステロールで鉄分も多く、ヘルシーなお肉だからかな?
私が想像する以上にラム好きな方がたくさんいて、そのモテぶりたるや、少し驚くほどであります…。
\(´∀`)/

image

モテ期☆

3年という、月日。
誰に何を言えばいいのかもわからず、出てくる言葉は月並みで。

ただ、誰かが伸ばした手を、ギュッと握り返せる強さだけは持っていようと思います。
喜びや悲しみの発露にちゃんと気づける身体をもっていたい。

誰かと食事を共にすることの楽しさ、一杯のスープがもつ温かい力を信じて、今日も自分の仕事を続けます。

歩歩路は、明日から3月の新メニューです。

今日はチョコっと宣伝です。
バレンタインが近づいて、二年前に発売になったチョコレートの本が、また店頭に並んでいます。

主人公は、パリ在住の大学院生。
名前はシャルロットで、今どきの女の子だけど古いものも大好き。
週末には恋人と蚤の市巡りをするのが趣味…。

と、スタッフ全員でワイワイ話し合いながら、妄想力全開!(どんなだ(^^;)、でスタイリングした本です。

季節が巡る度に、こうしてまた置いてもらえることに幸せを感じます。
誰かにとって大切な一冊となりますように…。
そして店もまた、訪れる方の記憶に残る、楽しい時間を提供できますように…。

今日も一日がんばりマス☆

image

『贈り物にしたい 大人のショコラ』
家の光協会から、黒川愉子さん著。
大型書店で手に入りますので、よろしければお手にとってみてください♪

写真を2つ同時にアップできないという、メカオンチぶり。
すみません……(>_

改めまして、「鮑のしょうゆ煮込み」です。
プリプリの歯応え。海の幸を感じてください☆

image

そういえば、と。
電話予約の際にお問い合わせが多いというのに、今まで一度も写真をアップしていなかったなぁと、反省。(営業中のバタバタではつい撮り忘れてしまうのですー(>_
ので、今日は7500円と10000円のコースについて書こうと思います。

月に一度替わる基本の5000円コースの内容は、だいたい以下の通り。

・築地の一皿
・前菜の盛合せ
・本日のスープ
・魚介の一皿
・お肉の一皿
・〆のごはん
・デザート&中国茶

7500円コースは、ここに「まるごと鮑のしょうゆ煮込み」が、
10000円のコースには、「フカヒレの姿煮」が、それぞれ追加されます。
大きなフカヒレは、しょうゆとオイスターソースで約一時間煮込みます。ご予約が入った日は、これがクツクツと煮込まれるい~い香りに包まれながら、賄いをいただくわけです。あ、今自分で書いていてあまりにも食い意地がはっているので恥ずかしくなってきました……ワスレテクダサイ( ̄▽ ̄;)

と、とにかく。百聞は一見にしかず。写真をどうぞ。
尚、7500円と10000円のコースは、食材の仕入れと仕込みの都合上、ご予約のみの受付となっております。ご了承くださいませ。

image

フカヒレの姿煮。コラーゲンたっぷりです☆

店のロゴやショップカードのデザインを考えてくれた、友人のAさんからいただいた、赤ワインで仕込んだというクリスマスパン♪
素敵な贈り物。
ヤマトのお兄さんがサンタに見えました(*^^*)

本業のデザインの仕事でいつも大忙しなのに、店のロゴを、それこそ何十種類も考えていただき、本当にお世話になりました。
改めて、いろんな方々の協力を経て、今の歩歩路はあるんだなぁと、感謝の気持ちをかみしめています。

今年の営業もあと5日間。
まだまだ気を抜かずにがんばります☆

image